ユニフォームを飾るとこんなにオシャレ!ユニフォーム額縁のご紹介

青春を捧げた部活動で着た思い出いっぱいのユニフォームや、憧れの先輩や選手が着用していたユニフォームの保管はどのようにしていますか?実は多くの人がどうやって保存するのが良いのか悩んでいるのが現実のようです。

そんな時におすすめしたいのが「ユニフォーム額縁」です。ユニフォーム額縁に飾ることで、あの時の思い出や感動を身近に感じることができるといわれています。

今回は、多くの人が悩んでいるというユニフォームの保管方法と、ユニフォーム額縁の良さについてご紹介したいと思います。

 

ユニフォーム、皆はどうしているの?

多くの人が悩んでいるといわれているユニフォームの保存方法。どの方法が一番ユニフォームにとって良いのでしょうか。

uniform2

 

  • ユニフォーム額縁に飾る

original-uniform-01

一番見栄えが良く、いつでも思い出を振り返ることができる保存方法と言われているのが、ユニフォーム額縁に入れる飾り方です。

後ほど、ユニフォーム額縁の魅力をご紹介したいと思います。

 

  • ハンガーにかけて吊るして飾る

hanga-

ご自宅にあるハンガーに、ユニフォームを吊るして飾る方法です。一番手軽な方法ともいわれていますが、大切なユニフォームがほこりだらけになってしまう可能性が考えられます。また、何かの拍子でユニフォームがずれてしまうと、見栄えが良くないのも欠点です。

「ただ吊るされている」といった印象を相手に与えかねないので、あまりおすすめできない飾り方の一つです。

 

  • タンスにしまって保存する

飾り方が良く分からず、ビニール袋に入れたままタンスにしまっておく家庭も非常に多いといわれています。保存状態としては綺麗に保つことができるかもしれませんが、思い出を振り返ろうと思った時に、タンスから出して保存袋からだして・・・となると、面倒に感じる人もいるのではないでしょうか。

思い出を振り返るという点でイマイチな印象を受けてしまいますね。

 

  • 普段から身に着けて愛用する

uniform

思い出のユニフォームを普段から身に着けて大切さを感じるという人も少なくありません。着ていることで愛着がわいてくるかと思いますが、汗や汚れなどが蓄積されていきます。特にサインがはいったユニフォームは、洗濯するのはためらう人も多いのではないでしょうか。しかし、着用した以上、衛生的にも洗濯をしないというわけにもいきませんよね。保存するという面に関しては、イマイチと言わざるを得ません。

 

ユニフォーム額縁を使ってオシャレに飾ろう!

額縁記事12月分01-05

 

先ほどご紹介した「ユニフォーム額縁」について、魅力をご紹介したいと思います。今まで飾り方で悩んでいた人も、バッチリ解決することができちゃいますよ。

額縁記事12月分01-06

 

  • ユニフォームを傷めない

2_000000020984

ユニフォーム額縁には専用のハンガーが付属されています。このハンガーにユニフォームを掛けるだけで、しっかりと保存することができます。

大切なユニフォームを傷つけないように、角のないものを採用しているので、安心して利用することができます。

 

  • 関連するアイテムも一緒に入れよう

 

ユニフォームと一緒に、関連のあるアイテムを収納するのもおすすめです。思い出の写真やサインなどをユニフォームと一緒に飾ると、額縁の中が華やかになるだけではなく、当時の思い出がより鮮明に思い出されるようになりますよ。

額縁記事12月分01-08

  • 簡単に飾れる!固定もしっかり!

 

ユニフォーム額縁に入れてみたはいいけれど、飾りにくかったり、安定さに欠けるような物では、安心して利用することができないですよね。

ないとうで扱うユニフォーム額縁は、フックに吊るすだけで簡単に飾ることが可能です。固定もしっかりしているので、中に飾っているユニフォームが落下する心配もございません。

頑丈なつくりになってはいますが、デザインに影響がないようにスマートにつくられているので、インテリアとしての外観を損ないのも人気を集めているポイントになります。

 

4.額縁のサイズは3種類

額縁記事12月分01-09

 

・Sサイズ

 

ユニフォームをたたんだ形で飾るタイプの額縁になります。場所を取らずにコンパクトに飾ることができるのがポイントです。

額縁の色は、シルバー・ビター・オークの3色展開。ベーシックなカラーなので、どの部屋でも相性が良いです。お好きなところに飾ることができますよ。

 

額縁記事12月分01-10

 

・M,Lサイズ

 

M・Lサイズのユニフォーム額縁は、ハンガーにかけて飾るタイプになります。こちらも、Sサイズと同様のカラー展開になっています。

全体的にサインの入ったユニフォームなど、見せたい範囲が多いユニフォームの場合は、MまたはLサイズのユニフォーム額縁がおすすめです。

 

■まとめ

 

今回はユニフォーム額縁についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

飾りたいと思っているユニフォームは自宅にあるけれど、どうやって飾ったらよいか悩んでいる人は、実はすごく多いんです。

今回ご紹介したユニフォーム額縁を利用すれば、いつでもユニフォームに込められた思い出を見返すことができます。ご自宅にお持ちのユニフォームがあったら、額縁に入れて飾ってみてくださいね。