趣味の押し花を額縁に入れて飾ろう!押し花の簡単な作り方やおすすめの額縁!

思い出が詰まった花をいつまでも美しく保存したいと思う方も多いのではないでしょうか。
そんな時におすすめなのが「押し花」です。
押し花は、長期間保存することができるので、いつまでもその時の思い出を振り返ることができるんですよ。
今回は、押し花の簡単な作り方と、おすすめの額縁選びについてご紹介したいと思います。

押し花用の額縁の特徴

059c03dcbd520c793127eb4c7c243f58_s

押し花が飾れるようになっている

押し花用の額縁の特徴は、押し花がきれいに飾れるように隙間があるように作られています。
押し花を飾るときは、押し花用の額縁を選ぶようにしましょう。

幅広いサイズ展開

押し花は小さいデザインから大きく仕上げたデザインまで様々あります。
押し花のデザインに合わせて額を選ぶことができるように、幅広いサイズ展開がされています。

カラーマット付き

額縁の内側にカラーマットが付いているので、
押し花全体により一層目が惹くような効果を与えてくれます。
カラーマットのみの販売もされているので、お好みで変更をすることもできますよ。

押し花を飾るのにおすすめの額縁

ゴールド系

%e9%a1%8d%e7%b8%81%e8%a8%98%e4%ba%8b06-%e7%94%bb%e5%83%8f01

室内を全体的にゴージャスな雰囲気に仕上げたい方におすすめなのが、ゴールド系の額縁です。ゴールドのデザインにも様々なものがあるので、どのような方向性のゴージャス感を出したいのかを決めてから選ぶことをおすすめします。

シルバー系

%e9%a1%8d%e7%b8%81%e8%a8%98%e4%ba%8b06-%e7%94%bb%e5%83%8f02

ゴールドよりも少し落ち着きがあるのがシルバーです。モダンな洋風デザインがお好きな方におすすめのデザインです。

ブラウン系

%e9%a1%8d%e7%b8%81%e8%a8%98%e4%ba%8b06-%e7%94%bb%e5%83%8f03

ブラウン系は、室内全体にあたたかみを出してくれるのが特徴です。額縁のデザインとしてもベーシックなので、飽きが来ないのが嬉しいですよね。

木地・ライトブラウン系

%e9%a1%8d%e7%b8%81%e8%a8%98%e4%ba%8b06-%e7%94%bb%e5%83%8f04

ライトブラウンは、ブラウンよりも明るめの色合いの額縁です。よりあたたかみのある雰囲気の室内にしたい方におすすめです。ふんわりとした雰囲気が素敵ですよね。

ホワイト・ピンク系

%e9%a1%8d%e7%b8%81%e8%a8%98%e4%ba%8b06-%e7%94%bb%e5%83%8f05

%e9%a1%8d%e7%b8%81%e8%a8%98%e4%ba%8b06-%e7%94%bb%e5%83%8f06

結婚式で使ったブーケなどを押し花にして飾るのにおすすめなのがホワイト・ピンク系の額縁です。高級感や上質感を感じる額縁は、若い女性からの支持が高いんですよ。

黒・グレー系

%e9%a1%8d%e7%b8%81%e8%a8%98%e4%ba%8b06-%e7%94%bb%e5%83%8f07

中に飾る押し花を上品に演出してくれる効果があるのが、黒・グレー系の額縁です。色の濃い押し花を飾るとグッと引き立つこと間違いなしですよ。

ブルー・グリーン系

%e9%a1%8d%e7%b8%81%e8%a8%98%e4%ba%8b06-%e7%94%bb%e5%83%8f08

%e9%a1%8d%e7%b8%81%e8%a8%98%e4%ba%8b06-%e7%94%bb%e5%83%8f09

ベーシックな額縁よりも、個性的な雰囲気の額縁を探したいという方におすすめなのがブルー・グリーン系です。モダンな雰囲気の額縁で、押し花との相性もいいといわれています。

アイロンで簡単!押し花の作り方

4f5f68d21b4b7ad59f089b6c2ecf9534_s

押し花の作り方は様々です。今回は、特に簡単といわれている、
アイロンを使った押し花の作り方についてご紹介したいとおもいます。

押し花に向いている花を選びましょう

押し花に向いている花は、「花が薄い」「厚みがない花」です。
水分を多く含んでいるような厚みのある花を押し花にするのは、手間とテクニックが必要になります。
初めての方は、作りやすい花を選ぶことをおすすめします。

押し花を始める前の準備

アイロン台にティッシュを敷き、その上に押し花にする花を置きます。
その上にまたティッシュを敷いたら準備完了です。
押し花を並べる間隔はあまりあけず、アイロンが当たる範囲で並べるのがポイントです。

アイロンを当てましょう

アイロンの熱さは「低温」を選びましょう。
10秒ほどアイロンをあて、熱を飛ばす。この作業を3~5回ほど繰り返します。
花に含まれていた水分が蒸発し、乾いた状態になったら完成です。

押し花の完成!

ティッシュからきれいに取り外し、きれいに飾り付ければ完成です。
水分にふれないように保管しておくことが長持ちのポイントです。

まとめ

今回は、押し花の簡単な作り方と、おすすめの額縁選びについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。
イベント事でもらったり、旅行先で摘んだりと、花を手にする機会は多いかと思います。
花瓶に飾るのも良いですが、これからは押し花として部屋に飾ってみるのはいかがでしょうか。

額縁の種類も豊富にあるので、お部屋や飾る押し花に合わせて選んでみてくださいね。
お部屋の雰囲気がグッと良くなること間違いなしですよ。