子ども部屋にぴったりな額縁&レイアウト例

皆さんのおうちの子ども部屋は、どのような雰囲気になっていますか?子ども部屋は、子どもが成長していく上で、とても重要な環境になります。そんな子ども部屋のワンポイントとして、思い出の詰まった額縁を飾ってみてはいかがでしょうか。

今回は、子ども部屋にピッタリな額縁とレイアウトをご紹介したいと思います。是非、子ども部屋の参考にしてみてくださいね。

 

子ども部屋の雰囲気に合わせて額縁を選ぼう!

 

  • オレンジ系などの暖色系の子ども部屋

redroom

年齢の低い子どもや女の子の子ども部屋に多いのが、オレンジ系などで統一された暖色系です。子ども部屋全体を明るく見せる効果や、温かみのある雰囲気を演出してくれるのが特徴となっています。

暖色系の子ども部屋におすすめの額縁のデザインは、「木目調」「ホワイト系」「パステル系」です。額縁そのものから温かみを感じることができるものを子ども部屋に取り入れると、違和感を感じる心配がありません。額縁のデザインは、飽きの来ないシンプルなものがおすすめです。または、丸みのある柔らかい印象の額縁を選んでも、子ども部屋の雰囲気にぴったりなので素敵に仕上がりますよ。

 

  • ブルー系などの寒色系の子ども部屋

blueroom

 

男の子の子ども部屋に多いのが、ブルー系などで統一された寒色系です。暖色系の子ども部屋とは異なり、大人っぽい印象を感じるのが特徴となっています。

寒色系の子ども部屋におすすめの額縁のデザインは、「アルミフレーム」「木目調」「ホワイト系」です。シンプルなデザインの額縁を取り入れることで、寒色系の子ども部屋の持つ良さを邪魔することなく飾ることができます。飽きを感じにくいデザインなので、長く子ども部屋に飾っておけるのも魅力の一つです。

 

  • 木目調の子ども部屋

 

country_desk

木のぬくもりを体全体で感じることができる子ども部屋は、最近人気を集めています。そのような子ども部屋にぴったりな額縁は、「木目調」「ホワイト系」です。子ども部屋の色合いに合わせるように額縁を選ぶことをおすすめします。ホワイト系の額縁を選ぶ場合は、アイボリーなどのやわらかい印象の額縁を選ぶようにしましょう。木目調の子ども部屋の良さをしっかりと引き出すことができますよ。

 

  • シンプルな子ども部屋

 

child-room

全体的にインテリアの少ないシンプルな子ども部屋には、どのようなデザインの額縁を飾っても大丈夫です。対照的なデザインの額縁を取り入れることで、逆にインパクトのある子ども部屋へと変化していきます。シンプルなデザインの額縁でもよいですし、縁にデザイン性のあるものでも大丈夫です。お子さんと一緒に額縁を選んでみるのも楽しいかもしれませんね。

 

子ども部屋におすすめの額縁レイアウトをご紹介!

 

  • 思い出の写真を額縁に飾る

額縁記事1月分01-05

 

入学式・卒業式などの学校行事や、家族で出かけた時の思い出の写真をフォトフレームに飾ってみてはいかがでしょうか。写真サイズなので場所も取ることがなく、気軽に飾ることができます。場所を気にすることなく飾ることが可能であれば、大き目の額縁にご自身でレイアウトして飾るのも楽しいかもしれませんね。オリジナリティあふれる空間へと変化していきます。

 

  • 友達から貰った色紙を飾る

額縁記事1月分01-06

 

別れや旅立ちの場面で貰う機会があるのが色紙です。多くのご家庭がもらったまま、押し入れなどにしまいっぱなしにしてしまう傾向にあるそうです。せっかくもらった色紙を見えない場所に保存してしまうのはもったいないですよね。

色紙専用の額縁というものも用意されているので、大きさぴったりに飾ることができるんですよ。色紙の雰囲気と子ども部屋を考えながら、素敵な額縁を選んでみてくださいね。

 

  • 子どもの作った作品を飾る

 

額縁記事1月分01-07

お子さんが図画工作の授業で作ってきた作品は、ご家庭でどのように保管していますか?先ほどご紹介した色紙と同様、多くのご家庭が押し入れなどにしまいっぱなしにしている傾向にあります。子どもならではのセンスで作られた作品だからこそ、子ども部屋に飾ることをおすすめします。

デッサン額縁を使用すれば、水彩画・書道などの厚みの少ない作品を飾ることができます。サイズ展開も幅広いので、作品に合わせて額縁を用意するようにしましょう。

作品の雰囲気に合わせたデザインの額縁をチョイスすることで、センスのある子ども部屋へと変化していくこと間違いなしですよ。

 

まとめ

 

今回は、子ども部屋にぴったりな額縁とレイアウト例についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

子ども部屋の雰囲気に合わせて額縁を選ぶことが大切なポイントとなります。中に飾るものは、写真や作品や色紙などなんでも大丈夫です。身近に置いてい置きたいと感じるものを飾るようにしましょう。

是非この機会に、ご家族で子ども部屋にぴったりな額縁を選んでみてくださいね。